スモールビジネス(個人事業主、中小企業、起業家)の
業務や経営にまつわる疑問や課題をみんなで解決していく場
検索
メニュー
閉じる
ホーム 補助金・助成金

「補助金・助成金」に関する新着記事

【新型コロナ】事業者向け助成金・補助金・給付金など「もらえるお金」の話を税理士が緊急解説!
新型コロナウイルスの影響は、人々の生活に多方面で影響を及ぼしています。そうした影響を少しでも緩和すべく、国を中心にさまざまな補助金や助成金、給付金や協力金など「もらえるお金」の支援策が発表されています。中小企業や小さな店舗の経営者、個人事業主などの事業者に向けて、どのような施策がどんな条件で行われているのかということをまとめました。 ※※持続化給付金の申請期限は、2021年1月15日までです。※※ ただし、2021年1月14日発表により、特段の事情がある方の書類の提出期限が、2021年1月31日から2021年2月15日まで延長されました。該当条件や書類の提出期限延長の申込期限などもあるので、詳細は以下をご確認ください。(2021年1月15日 スモビバ!編集部追記) 【参考】 経済産業省:持続化給付金 経済産業省:持続化給付金:書類の提出期限の再延長に関するお知らせ ※2020年11月27日 厚生労働省より、雇用調整助成金の特例措置等の延長が発表されました。(2020年12月1日 スモビバ!編集部追記) 【参考】厚生労働省:「雇用調整助成金の特例措置等を延長します」
【新型コロナ対策】雇用調整助成金を受ける方法
新型コロナウイルス感染症の拡大によって、自粛要請が続いています。先が見えない中で休業を余儀なくされ、従業員への給与は支払わなければならないという人もいることでしょう。そこで、「雇用調整助成金」について解説したいと思います。 新型コロナウィルス感染症の影響を受ける事業主を支援するため、2020年4月1日~2021年9月末日の緊急対応期間中は、全国で、全ての業種の事業主を対象に雇用調整助成金の特例措置が、実施されています。 ※2020年6月12日、新型コロナウイルス感染症等の影響に対応するための雇用保険法の臨時特例等に関する法律の成立にもとづき、加筆修正(2020/6/12 スモビバ!編集部追記) 【参考】厚生労働省:雇用調整助成金の助成額の上限額を引き上げます ※2020年11月27日 厚生労働省より、雇用調整助成金の特例措置等の延長が発表されました。(2020年12月1日 スモビバ!編集部追記) 【参考】厚生労働省:「雇用調整助成金の特例措置等を延長します」 ※判定基礎期間の初日が2021年5月1日以降の場合、要件が変更されています。また、2021年9月末日まで特例措置等の延長が発表されました。(2021年7月13日 スモビバ!編集部更新) 【参考】厚生労働省:「令和3年5月・6月・7月の雇用調整助成金の特例措置等について 」、「9月以降の雇用調整助成金の特例措置等について」    
ページの先頭へ