スモールビジネス(個人事業主、中小企業、起業家)の
業務や経営にまつわる疑問や課題をみんなで解決していく場
検索
メニュー
閉じる
ホーム 青色申告 個人事業主のかんたん税金計算シミュレーション
個人事業主の

かんたん税金計算シミュレーション

監修者 : 宮原 裕一(税理士)

節税効果が高いと言われる青色申告。実際に青色申告65万円控除と白色申告の場合の納税額をくらべて、どれだけ節税できるかシミュレーションしてみましょう!
あなたの事業の売上と経費を入力するだけで、かんたんに税金(所得税・住民税・国民健康保険料(税))が計算できます。
自分に合った確定申告方法を検討する指標にしてください。
※青色申告特別控除65万円はe-Taxもしくは電子帳簿保存が必要です。

※2020年4月時点の法令を基礎として個人事業主向けに所得税・住民税・国民健康保険料(税)の納税額の簡易計算をしております。簡易シミュレーションのため、あくまでも目安としてご利用ください。

個人事業主のかんたん税金計算シミュレーション 個人事業主のかんたん税金計算シミュレーション

実績もしくは予定の金額を半角数字で入力してください。

  1. 1 1年間の売上金額
  2. 2 1年間の経費・仕入金額3の給与の額を除く)
  3. 3 事業に従事した配偶者その他の親族に支払った給与の額
    すべて配偶者に支払った給与としてシミュレーションします。

所得控除

基礎控除以外の金額を設定する

基礎控除以外の所得控除金額を入力してください。

・簡易シミュレーションのため、上限額チェックなどは行っていません。
あくまでも目安としてご利用ください。

・半角の数字で入力してください。

※基礎控除を除いた所得控除額の合計を表示しています。「計算する」を押すと基礎控除も含めて税金計算します。

  • 入力内容をリセット
利益※家族への給与支払額を除く
0
青色申告の場合こんなにお得
およそ 0
  • 白色申告の場合の納税額
    0
  • 所得税額(復興特別所得税含む)
    0
  • 住民税額
    0
  • 国民健康保険料
    0
  • 青色申告65万円控除の場合の納税額
    0
  • 所得税額(復興特別所得税含む)
    0
  • 住民税額
    0
  • 国民健康保険料
    0

上記シミュレーションは2020年4月時点の法令を基礎として個人事業主向けに所得税・住民税・国民健康保険料(税)の納税額の簡易計算をしております。
国民健康保険料は東京都23区で採用されている「旧ただし書き方式」の「単身者、介護分保険料なし」、2020年度の料率での概算です。
申告先の自治体や、扶養親族の人数などによっては、概算金額に大きな違いが出る事があります。
住民税は東京23区の場合で「控除対象配偶者及び扶養親族がいない場合」での概算です。
事業者本人の納税額の概算で算出しています。事業専従者自身にかかる納税額等は含まれません。
赤字の時の概算には、固定的に発生する税金などは、計算に含めておりません。

簡易シミュレーションのため、上限額チェックなどは行っていません。
あくまでも目安としてご利用ください。

この記事の執筆者
スモビバ!編集部

個人事業主・フリーランスの方に役立つ情報・ネタを探して、北は北海道、南は沖縄まで東奔西走する毎日。全国のスモビなみなさんがビバ!になるように全力で応援中。いいね!を押していただけると喜びます。

この執筆者の他の記事を見る
この記事の監修者
宮原 裕一(税理士)

1972年生まれ。税理士。弥生認定インストラクター。「宮原裕一税理士事務所
弥生会計を10年以上使い倒し、経理業務を効率化して経営に役立てるノウハウを確立。弥生会計に精通した税理士として、自身が運営する情報サイト「弥生マイスター」は全国の弥生ユーザーから好評を博している。

この監修者の他の記事を見る
Share
ページの先頭へ