スモールビジネス(個人事業主、中小企業、起業家)の
業務や経営にまつわる疑問や課題をみんなで解決していく場
検索
メニュー
閉じる
ホーム 青色申告

「青色申告」に関する新着記事

青色申告特別控除で最大65万円控除!利用条件と控除の受け方を解説
監修者:Gemstone税理士法人
青色申告をしている個人事業主が、確定申告をするときに要件を満たして、青色申告特別控除を適用すると、最大65万円を課税される所得の額から差し引くことができます。具体的な節税額は申告方法や税率によって異なりますが、大きなメリットになるでしょう。 本記事では、青色申告特別控除のメリットを最大限活用するための方法と、青色申告をすることで得られるその他のメリットについて解説します。 ※※※【重要 確定申告e-Tax】※※※ 2022年3月14日以降、国税庁 e-Taxの接続障害により申告が困難な場合は、個別に申告・納付期限の延長を申請することが可能です。詳細については、国税庁ホームページ等で最新情報をご確認ください。 特に65万円の青色申告特別控除はe-Taxによる申告又は電子帳簿保存が要件となっています。国税庁 e-Taxの接続障害による郵送については、65万円控除の取り扱いが未定であるため、e-Taxにより65万円の青色申告特別控除を受ける場合は、「e-Tax障害による申告・納付期限の延長申請」と記載した申告書を後日(障害解消後)、e-Taxで提出することをおすすめします。(2022年3月15日 スモビバ!編集部追記)
oblong_account_online-2
めざせ青色申告65万円控除マスター ~vs仕訳の謎!〜
こんにちは、ライターの弥富と申します。確定申告のことなど何もわからずに勢いでフリーランスになってしまった、フリーランス3年目の編集ライターです。 ハードルの高さから一度は心が折れかけた青色申告ですが、最大65万円の青色申告特別控除の甘い誘惑に勝つことができず、自作Excel帳簿という力技で65万円の特別控除を過去2回クリアしてきました。(1回目は2ヶ月分だけど) ただ、税務署に突っ込まれたらどうなるんだろうという不安もあり、自己流ではなく、そろそろ勘定科目や複式簿記のこともしっかりと理解して青色申告したい……。 そんなとき、クラウド申告ソフト「やよいの青色申告 オンライン」で、2020年分から要件が変わったという青色申告65万円控除にチャレンジをするという企画が舞い込んできたのです! 第1話でマイナンバーカードの申請を済ませ、第2話で「やよいの青色申告 オンライン」で1年間の取引入力を始めました。ゴールまでの道のりがある程度整理されたので、僕はもう2020年分の青色申告をクリアできた気になっていました。 しかし……実際に進める上では「未払金」や「売掛金」、「事業主貸」といった勘定科目の使い方で迷うところも。 そこで今回は税理士の宮原先生の助言を仰ぎつつ、特に仕訳のお悩みポイントを解決していきます。
ページの先頭へ