スモールビジネス(個人事業主、中小企業、起業家)の
業務や経営にまつわる疑問や課題をみんなで解決していく場
検索
メニュー
閉じる

「起業・開業」に関する新着記事

oblong_payroll3-2
oblong_white-2
「データサイエンス」と無縁な人はいなくなる?(株)データビークル 代表取締役・統計家 西内啓氏 取締役・山崎将良氏インタビュー
2018年4月16日、東京・品川の大崎ブライトコアホールで、企業や団体のテクノロジーによるイノベーションを表彰するコンテスト「Microsoft Innovation Award2018」(MIA2018)のファイナルピッチが開催されました。応募条件は「マイクロソフトのテクノロジーを活用していること」「製品またはプロトタイプが完成し、デモが可能なこと」。企業・団体・個人が応募し、審査基準となる「イノベーション(独自性、新規性)「社会的価値」「インパクト(産業・社会)」「技術的難易度」を競い合いました。 毎年MIAに協賛している弥生株式会社から贈られる「弥生賞」を今回、受賞したのは、株式会社データビークルが開発したデータサイエンス支援ツール「Data Diver」(データダイバー)。製品の開発者であり、同社の代表取締役、また「統計家」としてベストセラー書籍『統計学が最高の学問である』(ダイヤモンド社)も出版された西内啓氏(写真・右)と、同社 取締役・山崎将良氏(写真・左)、データサイエンスの未来について語っていただきました。
ページの先頭へ