スモールビジネス(個人事業主、中小企業、起業家)の
業務や経営にまつわる疑問や課題をみんなで解決していく場
検索
メニュー
閉じる
ホーム ツール

「ツール」に関する新着記事

noteプロデューサー・徳力さんに聞く「フォロワーもいいねも追わない」ビジネスSNS運用
noteプロデューサー・徳力さんに聞く「フォロワーもいいねも追わない」ビジネスSNS運用
こんにちは。ライターの斎藤充博です。ツイッターを見ていると、同業のライターのこんなツイートをよく見ます。 「ツイッターを見たというクライアントから仕事を依頼された」 SNSから仕事につながるというのです。そんな話を聞いたことがなかったわけではないのですが、それって本当ですか? 僕はツイッターを2009年に始めてから、常時ツイッターに貼り付いて、おもしろおかしいツイートをしたり、マンガを投稿したりしています。その結果、フォロワーも1.1万人います。インフルエンサーとは言えませんが、まあまあの数字だと思います。 それでもツイッター経由で仕事が来たことって、1、2回くらいしかありません。どうして、僕はツイッターから仕事が来ないんでしょう? 1.1万人では、フォロワーが足りないのか? もっともっとツイートがバズらないとダメなのか? 今回はSNSサービスのnoteのプロデューサーでありながら、SNS活用の書籍『自分の名前で仕事がひろがる 「普通」の人のためのSNSの教科書』を出版した、徳力基彦さんにSNSの使い方を教えてもらえることになりました。 徳力さんいわく、 「ビジネスでのSNS活用はバズる必要はない」 「たくさんのフォロワーを求めてはいけない」 とのこと。 僕がぼんやりと考えていたSNS活用と、まるで真逆の世界がそこにありました。 *取材はリモートで行われました
「仕事が来るポートフォリオ」って? ポートフォリオサービスの人に「3つのコツ」を聞いてきた!
こんにちは。ライターの斎藤充博です。 僕は2009年に勤めていた会社を辞めて以来、12年ほどフリーランスをして暮らしています。一見すると、キャリアが長いように思えるかもしれません。 しかし、実態はもらった仕事をこなすだけの、「その日暮らし」を繰り返しということを12年やっていただけです。フリーランスにもイケてるフリーランスと、そうでないフリーランスがいるのですが、僕は後者です。 仕事を増やすのってどうすればいいのでしょう。自分のフリーランスとしての仕事を顧みたときに、ひとつの事実に気がつきました。 「おれってポートフォリオから仕事が来たことがないな…」 ポートフォリオとは、自分の仕事実績や、成果などを一覧できるようにしたもの。パンフレットのように冊子で作る人もいますし、Web上で見られるようにしている人もいます。 作ったポートフォリオは何らかの方法で発注者に見てもらわなくてはいけません。冊子のポートフォリオは営業で持ち込んだり、送付したりします。WebのポートフォリオはSNSのトップページなどにリンクを付けている人が多いです。 発注者はこれを見てその人の実力を推しはかり、「この人に仕事をお願いしてみようかな」……なんて思うわけです。 もちろん僕も、フリーランスとしてWeb上にポートフォリオを作ったことがあります。しかし、そこを経由して仕事をもらえたことが、一度もない……。 現状は、人づてに仕事をもらっている状況です。ポートフォリオからも仕事がきたら、一気に仕事の量が倍増するんじゃないの……? いままでは来なかったような仕事も来るかもしれない。イケてるフリーランスになれるかもしれない。 そこで今回はWebで作れるポートフォリオサービス「foriio」を運営している山田寛仁さんに「仕事が来るポートフォリオの作り方」を聞いてみました。 (※この取材はオンライン会議ツールを使用し、リモートでインタビューしたものです)
oblong_account_online-2
若手フリーランスが初めての青色申告に挑戦!「やよいの青色申告」でサクッと終わっちゃった
年に一度の確定申告。 毎年、決まっているのに、重い腰を上げることができず、ギリギリになって駆け込むことになってしまう。今回こそはなるべく早く手をつけたい。 ただ、はっきり言って、確定申告ってめんどくさい。 前回までは白色申告をしていたけど、今回からは、青色申告の承認申請書を出して、青色申告に切り替えた。だけど、青色申告は白色申告に比べてさらにめんどくさいなんて話もよく聞くので、自分で青色に切り替えたくせに例年以上に腰が重い……。 そもそも青色申告で65万円控除を受けるには、複式簿記に貸借対照表が必要だと言うし……。 こんなの一人でできる気がしない。これ、知識がなくても一人でできるものなのだろうか。 誰か……助けて~! もう、白色申告でいいかも…… ※本記事は、2019年分の青色申告65万円控除にチャレンジした記事です。2020年分から青色申告特別控除65万円は、複式簿記などに加え、e-Tax(電子申告)もしくは電子帳簿保存が必要です。 ***************************************** 【2020年(令和2年)分の確定申告のポイント!】 2020年分から青色申告特別控除の要件が変わる!65万円特別控除を受けるにはどうすればいい? 2020年(令和2年)分の確定申告の変更点【令和3年4月15日申告期限】 e-Tax(電子申告)で確定申告をする方法 *****************************************
oblong_white-2
電子帳簿保存法とは?電子データ保存とスキャナ保存の違い、申請書の書き方と申請方法を税理士が徹底解説!
電子帳簿保存法とは、会計帳簿やその根拠となる証憑(しょうひょう)類を紙媒体ではなく、電子データ(電磁的記録)として保存することを認める法律です。1998年7月に施行され、その後にスキャナ保存、スマートフォンやデジタルカメラによる電子データ保存も認められています。 企業としては、導入時こそ手間がかかりますが、書類の保管場所の確保によるコストの削減、業務効率化といったメリットが期待できます。税務調査においても、書類を山積みにして用意する必要がなくなり、パソコンによるデータ検索により必要書類を提示できるようになります。 そして、2020年分の個人事業主の確定申告からは、青色申告の最高65万円特別控除を受けるためには、e-Tax(電子申告)または、電子帳簿保存が要件です。(平成30年度税制改正による) セキュリティ面の不安等を感じられている企業・個人事業主の方も多いと思いますが、あらゆる書類が電子データ化され始めている現代、税務書類の電子データによる保存は、今後ますます普及していくものと考えられます。 今回は、国税関係書類の電子データ保存とスキャナ保存、申請方法について解説していきます。
ページの先頭へ