スモールビジネス(個人事業主、中小企業、起業家)の
業務や経営にまつわる疑問や課題をみんなで解決していく場
検索
メニュー
閉じる

柳原つつじの記事一覧

出版社勤務を経て、フリーエディター、コラムニスト。歴史、伝記・評伝、経営、書評、ITなどを得意ジャンルとして、別名義で著作多数。ここでは、脱サラフリーランスならではの視点で、お役立ち情報をお届けしたいと思います。

oblong_white-2
税務署に行かずに確定申告する方法【e-Tax】【郵送】【税理士に委任】
年に一度の所得税の確定申告。税務署や申告会場に行かないで済ませられるのであれば、大きな時間の短縮になります。 そこで今回は「税務署に行かずに確定申告する方法」として「e-Tax」「郵送」「税理士に委任」の3つを紹介したいと思います。郵送で提出する方法とe-Taxで確定申告する場合の流れや、e-Taxの2つの方式「マイナンバーカード方式」と「ID・パスワード方式」についても解説します。 ※※※【重要 確定申告e-Tax】※※※ 2022年3月14日以降、国税庁 e-Taxの接続障害により申告が困難な場合は、個別に申告・納付期限の延長を申請することが可能です。詳細については、国税庁ホームページ等で最新情報をご確認ください。 特に65万円の青色申告特別控除はe-Taxによる申告又は電子帳簿保存が要件となっています。国税庁 e-Taxの接続障害による郵送については、65万円控除の取り扱いが未定であるため、e-Taxにより65万円の青色申告特別控除を受ける場合は、「e-Tax障害による申告・納付期限の延長申請」と記載した申告書を後日(障害解消後)、e-Taxで提出することをおすすめします。(2022年3月15日 スモビバ!編集部追記)
oblong_white-2
ページの先頭へ