スモールビジネス(個人事業主、中小企業、起業家)の
業務や経営にまつわる疑問や課題をみんなで解決していく場
検索
メニュー
閉じる
ホーム カトウ・マユ

カトウ・マユの記事一覧

1974年生まれ。大学卒業後、出版社等に勤務。出産後は個人事業主として、主にwebメディアの編集業務を行う。会社員時代に子会社の経理・決算業務に携わる機会があり、簿記3級を取得。

確定申告で医療費控除・セルフメディケーション制度を受ける方法
医療費控除とは、所得税の対象となる所得から、その年に支払った医療費を差し引くことができる制度のことです。 医療費控除は、年末調整では受けられません。 そのため、会社員などの給与所得者でも医療費控除を行うためには、所得税の確定申告をすることが必要です。 医療費控除は「年間10万円を超える医療費」という壁がありました。 しかし、平成29年(2017年)分から、5年間の医療費控除の特例として「セルフメディケーション税制」がスタートしました。(※) そして、同年から医療費控除の確定申告の方法が領収書添付から明細書に変更されています。 医療費控除で適用できる範囲やセルフメディケーション税制の要件などを確認して、制度を上手に活用し、毎年の確定申告で節税できるための方法をまとめました。 (※)令和3年度税制改正により、2022年(令和4年)1月1日から2026年(令和8年)12月31日まで、5年間延長されることになりました。2021年(令和3年)分の所得税の確定申告書を2022年(令和4年)1月1日以降に提出する際の手続きの簡素化と2022年分から対象となるスイッチOTC医薬品の範囲の見直しが行われています。「【個人向け】セルフメディケーション税制やiDeCo、退職所得の優遇が見直しに【令和3年度税制改正】」をあわせてご覧ください。(2021年5月20日 スモビバ!編集部 追記)
oblong_payroll3-2
oblong_white-2
ページの先頭へ