スモールビジネス(個人事業主、中小企業、起業家)の
業務や経営にまつわる疑問や課題をみんなで解決していく場
検索
メニュー
閉じる
ホーム 確定申告 2020年(令和2年)分の確定申告も期限延長!ポイントをまとめました

2020年(令和2年)分の確定申告も期限延長!ポイントをまとめました

2020年(令和2年)分確定申告の期限が2021年(令和3年)4月15日(木)に延長されることが国税庁より発表されました。所得税(及び復興特別所得税)・個人事業者の消費税(および地方消費税)は期間延長の対象です。

また、振替納税の振替日も延長されることが決まりました。所得税(及び復興特別所得税)の振替日は2021年(令和3年)5月31日(月)、個人事業者の消費税の振替日は2021年(令和3年)5月24日(月)となります。

2020年(令和2年)分の確定申告期限延長のポイントをまとめました。

お知らせ

※2022年(令和4年)度の雇用保険は、2段階更新です。詳細は、「【2022年度の雇用保険は2段階更新!】労働保険とは?制度と年度更新について解説」を参照ください。

POINT
  • 所得税(及び復興特別所得税)・個人事業者の消費税(及び地方消費税)の確定申告期限が、2021年(令和3年)4月15日(木)に延長された
  • 振替納税の場合、所得税(及び復興特別所得税)の振替日は2021年(令和3年)5月31日(月)
  • 振替納税の場合、個人事業者の消費税(及び地方消費税)の振替日は2021年(令和3年)5月24日(月)

申告期限延長!国税庁からの発表内容ポイントまとめ

2021年2月2日、国税庁より2020年(令和2年)分の確定申告期限の延長が発表されました。所得税(及び復興特別所得税)・個人事業者の消費税(及び地方消費税)は期限延長の対象です。

延長後の期限は以下の通りです。

税目 当初の期限 延長後の期限
所得税(及び復興特別所得税) 2021年(令和3年)3月15日(月) 2021年(令和3年)4月15日(木)
個人事業者の消費税(及び地方消費税) 2021年(令和3年)3月31日(水)

なお、確定申告会場へ赴く場合、入場には「入場整理券」が必要になります。入手方法は以下をご参照ください。

振替納税の振替日も延長!注意点は?

確定申告期限の延長に伴い、振替納税の振替日も延長されました。延長後の振替日は以下の通りです。

税目 延長後の納期限 延長後の振替日
所得税(及び復興特別所得税) 2021年(令和3年)4月15日(木) 2021年(令和3年)5月31日(月)
個人事業者の消費税(及び地方消費税) 2021年(令和3年)5月24日(月)

延長後の振替日に、残高不足などで口座引落しができなかった場合、2021年(令和3年)4月16日(金)から完納の日までの延滞税を併せて納付する必要があります。振替日までに口座の預金残高確認をしましょう。

また、2020年(令和2年)分の確定申告で初めて振替納税を利用する方は、2021年(令和3年)4月15日(木)までに所轄税務署か口座振替を利用する金融機関へ「預貯金口座振替依頼書」を提出する必要があります。

「預貯金口座振替依頼書」は、e-Taxによるオンライン提出も可能です。詳細は国税庁のホームページをご確認ください。

まとめ

2020年(令和2年)分の所得税(及び復興特別所得税)・個人事業者の消費税(及び地方消費税)の確定申告期限延長について、まとめました。2020年(令和2年)分確定申告の最新情報は、必ず国税庁のホームページをご確認ください。

また、前述しましたが、確定申告会場に入場するには「入場整理券」が必要になります。提出のみの方は、いつでも家から提出できるe-Taxでの確定申告をおすすめします。

photo:Getty Images

c_bnr_fltblue_online-2
閉じる
ページの先頭へ