スモールビジネス(個人事業主、中小企業、起業家)の
業務や経営にまつわる疑問や課題をみんなで解決していく場
検索
メニュー
閉じる
ホーム 経理 謝礼と報酬、給与の違いって?

謝礼と報酬、給与の違いって?

お礼の意味を込めて、相手に渡す「謝礼」。似たニュアンスで、違いがわかりづらいものとして「報酬」という言葉もあります。謝礼は、どこか気持ちを伝えるような柔らかいイメージで、報酬となると「対価を支払う」という硬いイメージがありますが、具体的にはどのように異なるのでしょうか。また、同じく「対価を支払う」という意味では「給与」という言葉もありますが、どう違うのでしょうか。混同しやすい、これらの用語について解説したいと思います。

お知らせ

2021年(令和3年)分の所得税の確定申告の申告期間は2022年(令和4年)2月16日(水)~3月15日(火)。確定申告のやり方は、「知っておきたい基礎知識|確定申告」をぜひ参考にしてみてください!

POINT
  • 雇用関係を結んでいる場合は「給与」、結んでない場合は「報酬」
  • 個人に「報酬」を支払う場合、原則的には、源泉徴収が必要になる
  • 「謝礼」という名目でも、実態が報酬の場合、源泉徴収が必要になる

報酬と給与の違い

報酬とは、「労働や物の使用などに対する対価としての金銭や物品」のことを言います。「労働に対する対価の金銭」という意味では、「給与」とあまり変わらないような印象も受けますが、給与と報酬では違いがあります。

給与の場合は「雇用契約を結んでいること」が前提になります。そうではなく、雇用契約がない個人事業主や法人相手に支払うときは「報酬」ということになります。

受け取る側からすると、サラリーマンの場合は通常、所得税などの税金が引かれた状態で、給与として振り込まれます。では、個人事業主の報酬の場合はどうかというと、あらかじめ所得税などを源泉徴収されたものが、振り込まれることになります。

1年を通じてみたときに、税金を払いすぎている場合、サラリーマンは年末調整で、個人事業主は確定申告で、取り戻すということになります。

報酬と源泉徴収

個人事業主が「報酬」を受け取った場合に、源泉徴収される主なケースは以下の通りです。

  • 原稿料や講演料など
  • 弁護士、公認会計士、司法書士等の特定の資格を持つ人などに支払う報酬・料金
  • 社会保険診療報酬支払基金が支払う診療報酬

上記の範囲を踏まえると、原則的に、報酬には源泉徴収が必要だといえそうです。ただし、「懸賞応募作品などの入選者に対する賞金や新聞、雑誌などの投稿欄への投稿の謝金など」の場合は5万円以下ならば、源泉徴収は不要とされています。

ライターである私の場合は「原稿料」ですから、源泉徴収されたものが、報酬として振り込まれます。しかし、実際には、執筆にあたって書籍を購入するなど経費がかかったりしています。ですから、それを確定申告のときに計上して、源泉徴収された税金のうち、払いすぎている分を取り返す、ということになります。

具体的な仕訳例で説明しましょう。ライターに原稿料として8,000円(税別)を、源泉徴収税(復興所得税含む10.21%)額を差し引いて現金で支払った場合、あるいは、受け取った場合、下記のような仕訳になります。(消費税率8%)

【支払う側の仕訳】

借方科目 借方金額 貸方科目 貸方金額
支払報酬 8,000 現金 7,823
仮払消費税等 640 預り金 817

【受け取る側の仕訳】

借方科目 借方金額 貸方科目 貸方金額
現金 7,823 売上高 8,000
事業主貸 817 仮受消費税等 640

なお、源泉所得税の計算は、請求書に消費税を明記することで、消費税抜きの報酬を元に計算することができます。
詳しくは、こちらの記事「はじめての青色申告【第1回】〜事前準備編〜」を参照ください。

謝礼とは?

「報酬」と似た言葉に「謝礼」という言葉あります。私の場合だと、取材に協力したり、対談や座談会に出たりしたときに、謝礼をいだたくことがあります。

謝礼とは「感謝の心を表した金品などのお礼」のことです。報酬よりも、気持ちが優先されたものというニュアンスで、報酬に比べてどちらかというと安いことのほうが多いかもしれません。

支払う側には、「謝礼を支払う際は源泉徴収しなくてよい」という誤解もあるようですが、「謝礼」「研究費」「取材費」「車代」などの名目であっても、報酬と実態が同じであれば、源泉徴収の対象となります。ただ、謝礼の場合は、源泉徴収した後の金額が相手に渡したい額になるように、あらかじめ支払う側が調節することが多くあります。

特に座談会や対談など、その場で渡す場合は、小銭が混じっているよりお札だけの方がスマートですよね。それもあって、そのようなかたちで渡すことが多いようです。

以上、報酬や謝礼について説明しました。それぞれニュアンスが似ていながらも、異なる点があるので、いざ支払う側になったときに困らないように、区別して理解しておくとよいでしょう。

photo:Getty Images

c_bnr_fltaccount_online-2
閉じる
ページの先頭へ