スモールビジネス(個人事業主、中小企業、起業家)の
業務や経営にまつわる疑問や課題をみんなで解決していく場
検索
メニュー
閉じる
ホーム 給与業務・人事・採用 労働保険の手続き

労働保険の手続き

今回は、労働保険(労災保険・雇用保険)の対象になる事業所や人についてお話します。また、加入手続きについて、必要な書類や注意事項などについても説明します。

労働保険の対象になる事業所

従業員を1人でも雇用する事業所は、農林水産事業の一部を除き、労働保険に加入する義務があります。法人か個人事業かは問いません。

事業所としての手続き

事業所として労働保険加入手続きに必要な書類は以下のとおりです。
記入サンプルはこちらをご覧ください。

① 保険関係成立届(記入サンプルのP.10)

171227_10_01.jpg

② 概算保険料申告書(記入サンプルのP.11)

171227_10_01.jpg

③ 雇用保険適用事業所設置届(記入サンプルのP.12)

171227_10_01.jpg

【画像引用】
厚生労働省:労働保険の手続きはおすみですか

労働保険の対象になる人

労働保険(労災保険・雇用保険)の対象になる人は基本的に以下のとおりです。

  • 正社員
  • 契約社員
  • 一定のパート・アルバイト ※次項で説明します。

パート・アルバイトの労働保険

労働保険の対象になるパート・アルバイトは、具体的には以下の要件に該当する人です。

(1)労災保険
   すべての方

(2)雇用保険の場合
   以下の要件のどちらにも当てはまる方
     ① 週の所定労働時間が20時間以上
     ② 31日以上の雇用見込がある

雇用保険被保険者資格取得届

従業員の雇用保険加入手続きに必要な書類です。記入サンプルは以下のリンクのP.13をご覧ください。

雇用保険被保険者資格取得届.jpg

【画像引用】
厚生労働省:労働保険の手続きはおすみですか

記入の際には以下のことに注意しましょう。

  • マイナンバー取得の際に本人確認をする
  • 被保険者番号が不明の場合は前職の会社名と在職期間を別紙にする

提出先はハローワークです。
なお、労災保険については従業員一人一人の手続きをする必要はありません。

【参考記事】
実務-6 マイナンバーの本人確認の方法

まとめ

労働保険(労災保険・雇用保険)の加入要件は法律で定められています。社長さんや従業員さん本人の意思とは関係がありませんので確認しておきましょう。

知っておきたい基礎知識|雇用と給与|まとめINDEX

  1. はじめて従業員を雇うときに知っておきたいこと
  2. 従業員の雇用には、どんな手続きが必要か?
  3. 従業員を雇用するときに準備する必要書類
  4. 労働保険・社会保険とは何か?
  5. 社会保険の手続き
  6. 労働保険の手続き
  7. 労働保険の年度更新とは
  8. 住民税 普通徴収と特別徴収の違いと手続き
  9. 標準報酬月額とはなにか? 決定のタイミングはいつ?
  10. 算定基礎届・月額変更届とは?
  11. 給与の源泉徴収と源泉所得税納付の手続き
  12. 賞与での社会保険の計算と手続きについて
  13. 年末調整とはなにか?
  14. 給与計算・年間スケジュール
  15. 給与計算のための就業規則・給与規程のポイント
  16. 給与計算・給与明細書の作成前に準備すること
  17. 給与計算での支給項目と非課税扱いになる手当
  18. 給与計算での「社会保険料」の計算
  19. 給与計算での「雇用保険料」の計算
  20. 給与計算での源泉所得税の計算方法
  21. 給与での支給額の算出方法と給与計算後の納付事務
  22. 「退職」とは何か? 退職の種類と手続き、規程
  23. 「解雇」とはなにか? 禁止事項と基本的なルール
  24. 「休職」とは?基本的なルールと必要な手続き
  25. 妊娠・出産・育児・介護に関する「休業」と必要な手続き
c_bnr_fltpayroll3-2
閉じる
ページの先頭へ