スモールビジネス(個人事業主、中小企業、起業家)の
業務や経営にまつわる疑問や課題をみんなで解決していく場
検索
メニュー
閉じる
ホーム 経理 負債と純資産の仕訳 会計・簿記の実践編−3

負債と純資産の仕訳 会計・簿記の実践編−3

本節では、資産に加え負債と純資産がからむ取引を見ていきます。
負債の勘定科目には、「借入金」・「買掛金」・「未払金」などがあり、純資産の主な勘定科目は「資本金」でしたね。
負債・純資産とも、仕訳のルールは、増加したときに貸方、減少したときに借方で、貸借が資産とは逆になることを意識しましょう。

お知らせ

2021年(令和3年)分の所得税の確定申告の申告期間は2022年(令和4年)2月16日(水)~3月15日(火)。確定申告のやり方は、「知っておきたい基礎知識|確定申告」をぜひ参考にしてみてください!

借入金の仕訳

銀行などからの借金を記録するための勘定科目が借入金ですね。

«取引例1»
銀行から2,000,000円を借り入れた。なお、代金は当座預金に振り込まれた。

  1. 勘定科目は、
    「当座預金」 と 「借入金」 ですね。
  2. 当座預金は資産ですが、借入金は負債の勘定科目です。
    当座預金 → 資産    借入金 → 負債
  3. 当座預金への振込があり、それは借金によるものなので、

「伝票-1」

資産と負債の両方が増加する組み合わせですね。

「借方・貸方-1」

未払金の仕訳

備品を買ったり、営業用自動車を買ったりして、代金が未払いの場合には「未払金」という勘定科目を用います。
ただし、商品の仕入(次節で取り上げる)代金が未払のときは「未払金」ではなく、「買掛金」を使いますので、間違えないようにしてください。

«取引例2»
事務用パソコン250,000円を購入し、代金は翌月末に支払うこととした。

  1. 事務用パソコンは備品なので、勘定科目は、
    「備品」 と 「未払金」 です。
  2. 備品は資産で、未払金は負債です。
    備品 → 資産    未払金 → 負債
  3. 備品を購入し、その代金は未払いなので、

「伝票-2」

取引例1と同様に、資産と負債が増加する組み合わせです。

「借方・貸方-2」

資本の仕訳

個人企業では店主の出資金を元手に開業します。出資金は資本金(純資産)勘定を用いて記録します。以下、開業時の仕訳を見てみましょう。

«取引例3»
現金10,000,000円を元手にして開業した。

  1. 元手(出資金)は資本金で記録するので、勘定科目は、
    「現金」 と 「資本金」 です。
  2. 現金は資産、資本金は純資産です。
    現金 → 資産    資本金 → 純資産
  3. 企業の立場で考えると、現金10,000,000円を出資してもらうことになるので、

「伝票-3」

資産と純資産の両方が増加する組み合わせです。

「借方・貸方-3」

「現金(試算)の増加理由」

など、いろいろなケースのあることが解りますね。
次節では、収益と費用の勘定科目を中心とした取引の仕訳を押さえます。

知っておきたい基礎知識|会計・簿記|まとめINDEX

  1. 個人事業主にとっての簿記とは 会計・簿記の基本−1
  2. ビジネス・パーソンにとって簿記は必須 会計・簿記の基本−2
  3. 簿記の実際の流れ 会計・簿記の基本−3
  4. 会計期間について 会計・簿記の基本−4
  5. 簿記の五大要素とは 会計・簿記の基本−5
  6. 資産・負債・純資産と貸借対照表 会計・簿記の基本−6
  7. 貸借対照表(B/S)の作り方 会計・簿記の基本−7
  8. 収益・費用と損益計算書 会計・簿記の基本−8
  9. 損益計算書(P/L)の作り方 会計・簿記の基本−9
  10. 簿記の仕訳のルールを身につけよう 会計・簿記の実践編−1 
  11. 資産の仕訳をやってみよう 会計・簿記の実践編−2
  12. 負債と純資産の仕訳 会計・簿記の実践編−3
  13. 収益と費用の仕訳 会計・簿記の実践編−4
  14. 決算:試算表の作成方法・作り方 会計・簿記の実践編−5 
  15. 決算整理と試算表 会計・簿記の実践編−6
c_bnr_fltaccount_online-2
閉じる
ページの先頭へ