スモールビジネス(個人事業主、中小企業、起業家)の
業務や経営にまつわる疑問や課題をみんなで解決していく場
検索
メニュー
閉じる
ホーム 経理 収益・費用と損益計算書 会計・簿記の基本−8

収益・費用と損益計算書 会計・簿記の基本−8

損益計算書は、企業が1年間、ものを売ったり買ったりという営業を行なった結果、いくらもうけたか、を明らかにするための表です。会社の収益と費用を把握し、会社の利益を明らかにしていきます。

お知らせ

令和3年度の税制改正により、年末調整の各種申告書における押印義務が廃止されました。
2021年分の年末調整のやり方は、「知っておきたい基礎知識|年末調整」をぜひ参考にしてみてください!

収益・費用とは何だろう

たとえば、中古車の販売業であるT商店が、乗用車を100万円で買い入れ、それを130万円で売ったとしましょう。この商売により差し引き30万円もうけました。
このような営業を1年間行ない、合わせていくらもうかったかを表にしたのが損益計算書なのです。

収益と費用
損益計算書は、「収益」と「費用」を集めて表にしたものです。ここで収益というのは、もうけ(利益)のみなもととなるものをいいます。

T商店の例に戻りましょう。仕入れた乗用車を130万円で売り上げましたが、簿記ではこの130万円を「売上」と呼び、収益に含めます。
これに対し「費用」は、もうけ(利益)の計算上、収益から差し引かれるもののことをいいます。上の例でいうと購入金額100万円が費用にあたります。簿記では、この100万円の費用のことを「仕入」と呼びます。

利益と収益

簿記以外では、一般に収益と利益を同じような意味で用いることがあります。これに対し簿記では両者を区別します。
簿記でいう収益とは、利益を生み出すもととなる収入の総額を意味し、その代表例が「売上」です。
これに対し、利益は純額で、収益から費用を差し引いた残りのもうけのことです。
もう一度T商店の例に戻ります。売上130万円が収益で、これから費用100万円を差し引いた残りの30万円が利益というわけです。
一口に利益を計算するといっても、その計算の基礎となる収益や費用にはいろいろなものがあります。次節以降でそれらを具体的にみていくことにしましょう。

収益にはどんなものがあるか

売上が収益の代表格
会社はものを売ったり買ったりという営業を繰り返すことにより存続・成長していきますが、「売上」が収益の代表格です。
収益というのは、

「利益のもととなる収入」
のことをいい、売上代金のほかにもいくつかあげることができます。
収益を理解するために、あなたが中古車販売業であるT商店の店主になったつもりで考えてください。
利益を上げるためには、まず車を売ることを考えるはずです。また、在庫のない車を注文したお客様を同業者に紹介して同業者から手数料を受け取ったりもするでしょう。さらに、手持ちの現金で余分なものは、すぐ銀行に預金するなどして利息を稼ぐようにするでしょう。
このように売上代金だけでなく会社にとって利益を生み出すもととなるものをすべて収益といいます。
収益のグループに属する勘定科目のうち代表的なものは次のとおりです。

収益の元となる収入

費用にはどんなものがあるか

収益を得るための出費
費用とは、収益を得るために支払われた出費のことです。
会社が収益を獲得するためには、当然のことながらいろいろな出費がかかります。
たとえば、売り上げた商品にしてもタダで仕入れたわけではなく、代金を支払って仕入れるわけですし、従業員に支払う給料や電話代、水道光熱費、交通費、接待費等、収益を得るためにはいろいろとお金が出ていきます。このような出費のことを費用というわけです。
ただし、注意しなければならないのは、支出のすべてが費用となるわけではないことです。借金の返済や土地の購入などは、お金は出ていきますが、これは費用ではありません。費用となるかどうかの目安は、とりあえず、収益から差し引くべき出費と考えておいてください。
費用のグループに属する勘定科目のうち、代表的なものは次のとおりです。

収益を得るための費用

知っておきたい基礎知識|会計・簿記|まとめINDEX

  1. 個人事業主にとっての簿記とは 会計・簿記の基本−1
  2. ビジネス・パーソンにとって簿記は必須 会計・簿記の基本−2
  3. 簿記の実際の流れ 会計・簿記の基本−3
  4. 会計期間について 会計・簿記の基本−4
  5. 簿記の五大要素とは 会計・簿記の基本−5
  6. 資産・負債・純資産と貸借対照表 会計・簿記の基本−6
  7. 貸借対照表(B/S)の作り方 会計・簿記の基本−7
  8. 収益・費用と損益計算書 会計・簿記の基本−8
  9. 損益計算書(P/L)の作り方 会計・簿記の基本−9
  10. 簿記の仕訳のルールを身につけよう 会計・簿記の実践編−1 
  11. 資産の仕訳をやってみよう 会計・簿記の実践編−2
  12. 負債と純資産の仕訳 会計・簿記の実践編−3
  13. 収益と費用の仕訳 会計・簿記の実践編−4
  14. 決算:試算表の作成方法・作り方 会計・簿記の実践編−5 
  15. 決算整理と試算表 会計・簿記の実践編−6
c_bnr_fltaccount_online-2
閉じる
ページの先頭へ