スモールビジネス(個人事業主、中小企業、起業家)の
業務や経営にまつわる疑問や課題をみんなで解決していく場
検索
メニュー
閉じる
ホーム 起業・開業 事業のコンセプトを考える方法とコツ

事業のコンセプトを考える方法とコツ

起業すると決めたら、はじめにするべきこと。それは、どの事業分野で起業するかの決定と、具体的な事業コンセプトの決定です。じっくりと検討していきましょう。

起業する分野の絞り込み方

起業する分野を決める際の基本は、1.人生で実現したいこと 2.自分ができること 3.社会が求めていること、の3点が重なる分野を選ぶことです。この3つのどれかひとつが欠けてもうまくいきません。また、そのビジネスが数字的アプローチで検証してみて問題ないことも確認しましょう。

起業する分野の絞り込み方

事業コンセプトをはっきりさせよう

おおまかな事業分野が決まったら、事業コンセプトとして詳細を煮詰める作業をします。じっくりと固める必要があるのは、1.誰に 2.何を 3.どのように売るかの3点。この3つのうちどれか1つでもあいまいなものがあるとうまくいきません。ポイントは、全てにおいてなるべく絞り込むこと。フリーランスや個人事業主が、先行する会社と勝負して勝つには、ピンポイントの局地戦に持ち込むのが得策だからです。

事業コンセプトを決めよう
  説明
何を 提供する商品・サービスは何か。特に押していく「ウリ」は何にするか。 女性専用の整体サービス。当初は一人で開業。特に得意とする小顔マッサージを「ウリ」にする。
誰に 誰に提供するか(ターゲット客層)。詳細にプロファイリングしてみる。 ○○駅から30分間圏内に在住。30代~40代女性。働いていてある程度の可処分所得がある層。
どのように 価格帯や売り方を検討。いくらに設定するか?集客方法は具体的にどうするのか? 価格帯は通常のマッサージより2割ほど高い水準。ホームページを作成してSEO対策を実施。重視するキーワードは「○○駅 小顔 マッサージ」。予算月10万円でフリーペーパー「●●」にも情報掲載。
c_bnr_fltaccount_online-2
閉じる
ページの先頭へ