スモールビジネス(個人事業主、中小企業、起業家)の
業務や経営にまつわる疑問や課題をみんなで解決していく場
検索
メニュー
閉じる
ホーム 経費 【ITエンジニア編・YouTuber編】これ経費になる?ならない?税理士が解説

【ITエンジニア編・YouTuber編】これ経費になる?ならない?税理士が解説

フリーランス・個人事業主の方は、経費になるかならないかの判断に迷いますよね。事業との関連性に悩む出費も多いもの。

今回は税理士の入野先生がITエンジニアとYouTuberの事例で「これって経費になる?ならない?」の疑問に回答します。

お知らせ

※2022年(令和4年)度の雇用保険は、2段階更新です。詳細は、「【2022年度の雇用保険は2段階更新!】労働保険とは?制度と年度更新について解説」を参照ください。

意外なものが経費に計上できたりできなかったりします。条件を満たせば経費にできるものもありますので、一度動画で経費にできるものとできないものを学びましょう!

【ITエンジニア編】
・リモートワークで使うカメラやマイク
・自宅WiFiやスマホ、タブレット
・自宅で仕事をしている際の家賃
・勉強のために買った本や雑誌
・カフェで仕事をした時の飲食代
・接待や打ち合わせでの飲食代
・仕事の疲れを癒すためのマッサージ代
・リモート会議で着るための服
・ワーケーションの旅費代

YouTuberは新しい職業なので、経費にできるかできないかは判例が少なく、比較的個人の判断に任されます。この動画では、入野先生が税理士目線でアドバイスしています。

【YouTuber編】
・セットの一部としてのぬいぐるみ
・カメラや照明、編集の外注費用
・クッキング動画の食材費
・コスメレビュー動画の化粧品
・ゲーム実況のソフト代、ガチャ代
・動画勉強のために見ているNetflix
・トレンドを探るための人気店の飲食代
・コラボした相手への出演料
・コラボ相手への手土産
・企画として超高級時計をプレゼント
・撮影を兼ねて旅行した

c_bnr_fltblue_online-2
閉じる
ページの先頭へ