スモールビジネス(個人事業主、中小企業、起業家)の
業務や経営にまつわる疑問や課題をみんなで解決していく場
検索
メニュー
閉じる

フリーランスの働き方改革とは? プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会・平田麻莉さん

「集え、フリーランス。始まる、フリーランス」——2017年1月26日「プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会」が発足しました(4月20日に社団法人化)。国内初となる、個人・企業が連携したフリーランス支援のためのプラットフォームです。

国をあげ「働き方改革」の実行計画が進められ、企業の側からも副業・兼業という働き方に大いなる関心が注がれています。フリーランスという働き方そのものが見直されようとしているなか、2017年7月に一般会員の募集も始めた同協会。協会が実現しようとしている、フリーランスの働き方改革とは? 同協会の代表理事・平田麻莉さんにお話を伺いました。

協会による3つのアプローチ

――協会の設立趣旨には「ワーカーが主体となり、 ①多様化するフリーランス人材の実態を調査・発信し、 ②フリーランス人材が健全かつ前向きに活躍できる土壌・環境づくり 、③柔軟な働き方を望む人にフリーランスという選択肢を提示して、 個人の働き方の多様化を後押しすることを目的とする」とあります。数々の課題に対し、協会の活動として具体的に考えているアプローチは?

活動としては3つのアプローチあります。

1つめは「互助の場づくり」です。フリーランスの仕事って結局一人ではできないといいますか……大きな仕事の営業や提案に行くとき、あるいは、万が一病気になったときなど、なにかしらのチームを欲する場面があるんです。そこでフリーランスの職種やエリアごとのコミュニティ形成やネットワーキング支援、さらにはスキルアップ&キャリアアップ支援のイベント&勉強会を開催しています。

2つめは「共助の仕組みづくり」。具体的には、一般会員向けに、ベネフィットプランとして「フリーランス賠償責任補償」「所得補償制度」「福利厚生WELBOX」などをご提供します(※後述)。

3つめは「公助への働きかけ」。厚生労働省では「働き方の未来2035 一人ひとりが輝くために」と題した識者懇談会を開いていましたし、経済産業省では「雇用関係によらない働き方」に関する研究会が立ち上がるなど、昨年から国による働き方改革が加速しています。私たち協会としても共感する部分があり、国に対する政策提言として、調査報告書や白書を発行するなど、多様なフリーランス個々人の声をきちんと届けていかなければ、と思っています。

170731_freelance_03.jpg

――これまでは「自助」――つまり自己責任でなんとかしなければならなかったものも、フリーランス協会というプラットフォームに我々が参加することで互助・共助・公助によるさまざまな仕組み・サービスを受けられるようになる、ということですね。これらは一般会員になることで受けられるのですか?

一般会員は2017年7月3日から募集のテストマーケティングを開始しています。個人会員の年会費は1万円。協会ホームページの「会員登録案内」から入会申込ができます(申込時に要本人確認)。2017年8月下旬にはテストマーケティングを終え、一般募集を開始する予定です。

仕事で生じた損害を補償してくれる制度も……

――なかでも今のお話の2つめにあった「ベネフィットプラン」は、フリーランスの方々にとって関心の高いところだと思います。各サービスについて詳しく教えてください。

まずは「フリーランス賠償責任補償」。こちらは大手保険会社4社による共同保険で、国内初の取り組みです。フリーランスの仕事って対物・対人の事故はもちろん、最近では情報漏えい、著作権侵害、納期遅延などのリスクがあると思います。そうした業務遂行のための行為に起因して発生した偶然の事故により会員様が法律上の損害賠償責任を負担しなければならない場合、支払限度額の範囲内でその損害を補償します。

しかも一般会員様ご本人だけではなく、会員様の発注主も補償対象となるため、安心して業務を発注してもらうことができます。保険の仕組みとしてはこれまであり得なかった、とても画期的な保険だと思います。

――福利厚生「WELBOX」というのは?

株式会社イーウェルが提供する福利厚生サービスです。協会専用の福利厚生ホームページから健康サポート(検診・人間ドック利用の優待等)、子育て両立支援(保育施設利用の優待等)、スキルアップ支援、リラクゼーション優待などの特別パッケージを2親等以内のご家族までご利用いただけます。

それ以外にも、個人で入会するより約50%割安な、病気・ケガ等で思うように働けなくなったときのための所得補償制度(任意加入)も提供していますし、また「やよいの青色申告 オンライン」(ベーシックプラン)も1年間無償で提供いたします。ほかにも今回の取材で使わせていただいている「SPACES」などのコワーキングスペース、さらには「タスカジ」などのサービス優待も受けられます。ラインナップについてはこれからも拡充していく予定ですので楽しみにしていてください!

★ベネフィットプランのさらなる詳細はこちらから

「行ったり来たり」を自由にできるように

――フリーランスの仕事っていろいろな制約からも開放されるし、やればやるほど「素晴らしい!」と思う反面、人に薦められるかといえば、そうとも言い難い面が確実にありますよね。

そうですよね。私もフリーランスとして活動し始めてから7年目ですが、今の仕事をしていてとても幸せだと感じています。しかしフリーランスとして働きたいと考えている人の背中をおもいきって押してあげられないもどかしさも感じています。

170731_freelance_04.jpg

――それはやはり「ずっとこの仕事をやっていける保証がない」ということにつきると思います。その点、フリーランス協会のようなプラットフォームは、フリーランスの社会保障となる「共助の仕組み」のみならず、さまざまなアプローチにより、仕事を獲得する仲間を得たり、専門スキルを得られたりする……。フリーランスにとってとても心強いものになるのではないでしょうか。

私もフリーランスを闇雲に増やしたい、と思っているわけではないんです。この働き方も、人によって向き・不向きもあるので、自分に合わないと感じたときは会社に戻ったっていい。アタマからオシリまで1人でまわさなければならないフリーランスという働き方は、人材育成の面でも非常に貴重な機会なので、会社員に戻ってもバリューを発揮できることが多いと思います。重要なのは「戻ることができる」という選択肢で、雇用形態レベルで働き方全般を見据え、流動化を進めていくことが大事です。そういう意味で私たちの活動は会社側の働き方改革と両輪で進めていくべきものだと感じます。
会社とフリーランスの”行ったり来たり”を自由にできるようにすることが、当協会の目指すところなのです。

――1人のフリーランスとしても期待しております。本日はありがとうございました。

取材協力:SPACES

平田麻莉 ひらた・まり

平田麻莉

プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会代表理事。
大学在学中よりインターンとしてPR会社ビルコムの創業期に参画。大手人材企業や組織開発コンサルティング企業などの広報経験が長く、企業と個人の関係性に対する関心を深める。現在は、フリーランスとして「タスカジ」や「ビザスク」の広報責任者を務めるほか、エグゼクティブ教育のためのケースメソッド教材制作(ケースライター)、ビジネスコラム執筆、翻訳などを行う。
2005年に慶應義塾大学総合政策学部卒業。ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院への交換留学を経て、2011年に慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了。同年、同大学大学院政策・メディア研究科博士課程在学中(出産を機に退学)に、フリーランスとして活動開始。

c_bnr_fltaccount_online-2
閉じる
ページの先頭へ