スモールビジネス(個人事業主、中小企業、起業家)の
業務や経営にまつわる疑問や課題をみんなで解決していく場
検索
メニュー
閉じる
ホーム 個人事業主・フリーランス ネットバンキングをビジネスに活用しよう

ネットバンキングをビジネスに活用しよう

いまや多くの人がネットバンキングを利用するようになりました。かつては給料日になると、オフィス街のATMに通帳記帳待ちの長蛇の列ができたりしていましたが、最近ではオンライン上で入出金を確認できるようになったため、通帳自体が不要になりつつあります。そこで、今回はこのネットバンキングをビジネスに有効活用することのメリットや、その活用法について解説したいと思います。



POINT
  • ネットバンキングを使えば、業務が効率化できる
  • 屋号付き口座を開設することで、取引先からの信頼度がアップ
  • ネットバンキングで会計業務がさらに進化する

ネットバンキングを使うことの基本的なメリット

ネットバンキングにはさまざまなメリットがありますが、個人事業主がビジネスとして利用する視点から見た場合には、主に次のようなメリットがあります。

大幅な業務効率化の実現

ネットバンキングを使えば、わざわざ銀行や近所のATMまで出向くことなく、パソコンやスマホ上から入出金状況の確認や振り込み手続きができるため、これにより大幅な業務効率の改善になります。

経理コストの削減

複数の取引先に対して毎月一定額の支払いがある場合についても、あらかじめネット上で「振り込み予約」が簡単にできるため、自分一人で経理を行っていても、容易に管理ができるようになります。

ネット銀行系は、屋号付きの口座が容易に開設できる

株式会社などの法人格を取得していない個人事業主にとって、屋号付きの口座は、取引先との信頼関係構築においても非常に重宝します。
ちなみに、屋号付きの口座とは、例えば「山田太郎法律事務所」という法律事務所を経営しているとして、個人口座の場合だと、口座名義は「山田太郎」と個人名のみになってしまうため、取引先が振り込み手続きを行う際には、個人宛に振り込むことになり、ある程度の抵抗を感じさせてしまいますが、屋号付き口座の場合は「山田太郎法律事務所 山田太郎」といった、事務所名、店舗名、事業所名などが個人名義の前に表示されます。そのため、報酬を振り込む取引先としては安心して振り込むことができるのです。
ただ、屋号付きの口座については、昨今の振り込め詐欺などの急増により、口座を開設する際の手続きが非常に厳格化されてきたため、都市銀行系で開設する場合は、ある程度の事業実態に関する書類の提出が必要となります。しかし、ネット銀行系であれば、簡単な手続きで屋号付き口座を開設することができます。

参考:個人事業主が屋号付き口座を開設する方法

ネットバンキングの効果的な使い方:会計業務にも応用してみよう

このように、ネットバンキングを利用するとあらゆる手続きが外に出ることなく事務所内で完結できますが、実はネットバンキングにはもう一つ大きなメリットがあります。それは会計業務です。
例えば、従来までの通帳記帳を行うタイプの会計業務だと、通帳記帳した入出金記録の結果をデータ化してパソコンに入力するなどの業務が発生しますが、ネットバンキングを使うと、口座の入出金記録をCSVデータとして出力することができるため、これを自社で運用している会計ソフトに取り込むだけで、極めて簡単に会計帳簿ができてしまうのです。
さらに、最近のネットバンキングはスマホの資産管理アプリとの連携もされているため、複数口座を使用している個人事業主の場合でも、スマホアプリ経由で照会することで、異なる銀行口座を一元管理することもできるようになっています。

ネットバンキングは、ただ単に銀行に行かずに振り込み手続きができるというだけのものではなく、資産管理アプリや会計ソフトなど他の機能と併用することで、会社の財務状況を容易に把握できる「経営判断ツール」として利用することもできます。
これらの機能を使いこなすことが、個人事業の成功にも繋がるのではないでしょうか。

photo:Thinkstock / Getty Images

c_bnr_fltblue_online-2
閉じる
ページの先頭へ