スモールビジネス(個人事業主、中小企業、起業家)の
業務や経営にまつわる疑問や課題をみんなで解決していく場
検索
メニュー
閉じる
ホーム 青色申告 一念発起、おトクな「青色申告」に挑戦

一念発起、おトクな「青色申告」に挑戦

年末が近づくと、気が重くなることがある。確定申告の季節が近づいてくるからだ。無造作に積み重なった、数えきれないほどの領収書。わかりにくい税金の専門用語や仕組み。税金関連の勉強や事務作業に時間を費やすくらいなら、本業に打ち込みたい。だが、一念発起。これからは、しっかりと税に向き合おうと思っている。個人事業主をやっている限り、毎年、確定申告はやってくる。逃げられるものではないのだから、真正面から挑むしかない。どうせやるなら、早いうちに取り組んだほうが、おトクではないか。

POINT
  • 「青色申告」のメリットを知る
  • 「かんたん税金シミュレーション」で差額をチェック
  • 「青色申告」をするための準備

「白」と「青」の違いを調べる

早速、スモビバ!にある確定申告を解説した記事を読んでみた。

確定申告は「白色申告」と「青色申告」に分かれているという。わたしがこれまで考えもせずに申告していたのは「白色」の方。特別な控除などないが、最も事務作業が簡便な方法だ。
一方、「青色申告」は帳簿の付け方によって、10万円か65万円の控除を受けることができるとのこと。「青色申告」の名前だけは、わたしも聞いたことがあった。けれど「難しいのだろうな」と、これまではよく調べもせずに、なんとなく敬遠してきたのだった。とはいえ、毎年65万円も控除を受けられるのだったら、ぜひ取り組みたいもの。

控除以外のメリットも大きいようだ。届け出をすれば、家族の青色事業専従者給与も認められるようになる。さらに、赤字を3年間繰り越すこともできる。30万円までの固定資産を一括で経費にすることも可能だ。収入が一定ではない個人事業主としては、ありがたい。

かんたん税金シミュレーションをつかってみた

では「青色申告」に切り替えると、どれくらいおトクになるのだろうか。
「青色」がおトクなのはわかった。だが、具体的にどれくらいの差額が出るのかわからなければ、重い腰を上げる気が起きない。そこで「かんたん税金シミュレーション」をつかって、計算してみた。「かんたん」というだけあって、使うのはいたって簡単。

1年間の売上、仕入れなど経費、そして家族に支払った給与の3項目を入力するだけで、青色申告と白色申告での納税額の差額が出てくるのだ。より正確に知りたい場合は、配偶者控除や社会保険料控除など、様々な控除も合わせて入力することができる。

わたしの場合、マーケティングや広報のコンサルタント、そして執筆や勉強会での講師などが主な収入源。わたしの業界であれば、1年間の売り上げが800万円であれば、交通費、通信費、パソコンなどの経費を250万円くらいが一般的だろうか。あくまで自分自身の知力・体力で勝負する世界なので、他業界のように経費がすごくかかるわけではない。生命保険控除は、旧契約の限度額いっぱいの5万円。数値をまとめて、シミュレーションに入れてみる。

出てきた青色と白色の納税額の差は、25万1000円。思った以上におトクな結果に、ビックリ。1年でこれだけ差額が出るのなら、積み重なると相当な額になる。買い替えを迷っていた最新のパソコンを購入しても、1年でお釣りが来てしまう。「青色申告」にもっと早くから取り組んでおけばと、少し後悔したのだった。

実は難しくなかった「青色申告」

おトクな「青色申告」なのだが、まだ不安な気持ちも残る。事務作業の量がかなり増えるのではないか。税の勉強をしないといけないのではないか。税理士にお願いした場合、どれくらいの費用がかかるのか。そこで、試しに会計ソフトを探して、無料で触れられるものを試してみた。触ってみると、思っていた以上に簡単だ。特別なITや会計の知識は不要なので、ひと安心。

「青色申告」への決意を固めたのだが、「青色申告」には事前に手続きが必要だ。といっても、何も難しいものではない。事前に税務署への届け出が必要なのだ。新たに事業を開始した人は、開業から2か月以内の提出が必須(開業日が1月1日~1月15日の場合は、その年の3月15日まで)。「白色申告」から「青色申告」に切り替えたい場合は、「青色申告」したい年の3月15日が届け出の期限となる。

「青色申告」の勉強をしながら、個人事業主としての原点を思い出した。安定したサラリーマンを辞め、自分自身の力で生きていく。それは「なんとなく」に流されず、社会と向き合っていく生き方を選んだということでもある。そうであるなら、当然、税にも真正面から取り組んでいくべき。来年は、しっかりと「青色申告」に挑もう、と思う。

photo:Thinkstock / Getty Images

c_bnr_fltblue_online-2
閉じる
ページの先頭へ